クリスタルガラス外観検査装置

クリスタルガラス外観検査装置

本装置はクリスタルガラスの外観検査装置で、クリスタルガラス表面及び裏面のコーティング欠陥、パーティクル、傷等を検出し、OK/NG/再検査の判定を行います。

クリスタルガラスのセット・リセットはオペレータが行い、検査の一連動作は自動で行うセミオート装置です。

特長

  • 高感度対象別画像処理強調フィルターにより低コントラスト像の抽出が可能
  • 画像解析ツールによるオフライン画像解析が可能
  • 検査データはトレーサビリティーにて対応可能
  • オプションでPKG内のセンサー、外観検査も対応可能

基本仕様

ワークサイズ(mm) □10~□60 t0.2~1.5
検査カメラ ラインセンサー12,000画素・総合画素数約2.5μm
対象パーティクル 繊維、金属、ガラス、プラスチック等の固定物&ガラスポンホール、コート抜け
検査能力 ガラス表面7μm以上 ガラス裏面12μm以上の異物、傷
検査タクト* 13秒(ワーク□28㎜以下)
クリーン度 パスライン上クラス100(条件:装置環境クラス1000.HEPA装備)
電源 3相 AC200V±10% 50/60Hz, 6KVA(MAX)
圧空源 Dry air 0.49Mpa以上
装置寸法(mm) W 700 × D 900 × H 1,300(PC制御BOX別置き)
装置重量(kg) 約150

* 当社基準のプロセス条件の場合

オプション

PKG組立一貫ラインへの検査ユニットの組み込みも可能です