PKG・ガラス貼合装置

PKG・ガラス貼合装置

本装置は、PKGとガラスをそれぞれ洗浄しPKG、ガラスの異物検査を行い良品のみを精度よく貼り合せUV仮硬化を行うスタンドアロン型自動装置です

特長

  • 多種なクリーニング機構に対応可能
    • USブロワ―洗浄、高圧ブロワ―洗浄、ウエット洗浄、転写洗浄等の対応
  • 加工前に検査合格品のみを生産
    • PKG内デバイスのゴミ、傷、シミを検査
    • ガラス表裏のゴミ、傷、シミを検査

基本仕様

ワークサイズ □10~□60mm
検査カメラ ラインセンサー12,000画素・総合画素数約2.5μm
対象パーティクル 繊維、金属、ガラス、プラスチック等の固定物&ガラスポンホール、コート抜け
検査能力 ガラス表面7μm以上 裏面12μm以上の異物、傷
貼り合精度*1 ±0.2mm
タクトタイム*2 30秒
クリーン度 パスライン上クラス100(条件:装置環境クラス1000.HEPA装備)
電源 3相 AC200V±10% 50/60Hz, 6KVA(MAX)
圧空源 Dry air 0.49Mpa以上
装置寸法(W×D×H) 2,800 × 1,100 × 1,900mm
装置重量 約1,800kg

*1 振動要因を含まない

*2 弊社基準のプロセス条件の場合

オプション

ダイボンダー ~ UV本硬化までの一貫ラインも対応します。