ホーム会社情報 > 沿革


1990年  4月 大崎エンジニアリング株式会社を設立し、本社を東京都品川区に置く
LCD(Liquid Crystal Display)実装装置の製造販売を開始
1991年  2月 テクニカルセンター(埼玉県入間市上藤沢625番地3)を新設
1993年  12月 テクニカルセンターを埼玉県入間市狭山ケ原326に移転
1994年  8月 COG(Chip OnGlass)の製造を開始
1996年  3月 PDP(Plasma Display Panel)関連装置の製造開始
1997年  8月 テクニカルセンターを増設
1997年  9月 ICカードの関連装置の製造開始
1998年  4月 株式会社オー・イー・シー金沢(100%子会社)を発足
2000年  5月 第2工場(テクニカルセンター)を新設
2000年  11月 フリップチップボンダーの開発、製造に着手し、ICタグ事業へ新規参入
2004年  9月 第3工場(テクニカルセンター)を新設
2005年  8月 本社を埼玉県入間市狭山ケ原326に移転
2006年  2月 第3工場(テクニカルセンター)を増築
 
2016年  3月 株式会社オー・イー・シー金沢(100%子会社)を清算結了
2016年  8月 大崎電気工業株式会社の完全子会社となる